カンジダ膣炎(膣カンジダ)

カンジダ膣炎(膣カンジダ)

お腸婦人の病気辞典トップページ>カンジダ膣炎(膣カンジダ)

     カンジダ膣炎(ちつえん)(膣カンジダ)



◆◆◆ カンジダ膣炎(膣カンジダ)とはこのような病気ですのよ! ◆◆◆

カンジダ膣炎は膣カンジダとも呼ばれていますが、カンジダとは真菌(カビ)の一種であるカンジダ・アルビカンスを表し、カンジダ・アルビカンス菌が膣内に繁殖して炎症を起こす、女性の誰もがかかりやすい病気です。



カンジダ・アルビカンス菌はそもそも膣内と口腔内(口の中)で常在菌としている菌であり、通常であれば身体に悪影響を与えることはありません。口腔カンジダでも同様のことが言えますが、カンジダ膣炎(膣カンジダ)を患う時には、疲労や病気によって著しく体力が低下している状態や、何らかの影響でホルモンバランスが崩れてしまった場合にカンジダ・アルビカンス菌が大量繁殖を起こす疾患です。



カンジダ膣炎(膣カンジダ)を性行為によって患うこともありますが、性行為の経験が無い女性でも患う病気であることを覚えておきましょう。また、カンジダ膣炎(膣カンジダ)を患っていると、外陰部に腫れや我慢しづらい痒みを感じたり、チーズのようなおりものが出る、膣内の異臭といった判りやすい症状が現れます。



◆◆◆ ピロ美! カンジダ膣炎(膣カンジダ)の治療はこのようにするのよ! ◆◆◆

カンジダ膣炎(膣カンジダ)の治療において大切なのは清潔に保つことが第一ですので、膣内の洗浄を行ってから錠剤の抗真菌薬を膣内に挿入して内服薬の服用が一般的です。



外陰部の炎症には抗真菌剤の軟膏塗布によって治療が行われます。外陰部に抗真菌剤を使用すると痒みはすぐに治まりますが、真菌の影響が無くなるまでには暫くの期間を要します。また、下着や指を清潔に保つことも大切なので、デリケート部分には気を配りましょう。

CONTENTS
女性が予防したい病気で探す身体の異常と解決方法一覧
【にゅうせんえん】
 乳腺炎
【にゅうせんしょう】
 乳腺症
【にゅうせんせんいせんしゅ】
 乳腺線維腺腫
【にゅうがん】
 乳癌
 【しきゅうちつぶびらん】
 子宮膣部びらん
 【しきゅうけいかんポリープ】
 子宮頸管ポリープ
【しきゅうけいかんえん / しきゅうないまくえん】
 子宮頸管炎/子宮内膜炎
【しきゅうけいがん】
 子宮頸癌
【しきゅうたいがん(しきゅうないまくがん)】
 子宮体癌(子宮内膜癌)
【しきゅうないまくしょう / しきゅうせんきんしょう】
 子宮内膜症/子宮腺筋症
【しきゅうきんしゅ】
 子宮筋腫
【げっけいこんなんしょう】
 月経困難症
【げっけいまえしょうこうぐん(ピーエムエス)】
 月経前症候群(PMS)
【ぞくはつせいむげっけい(らんそうきのうふぜん)】
 続発性無月経(卵巣機能不全)
【こうプロラクチンけっしょう】
 高プロラクチン血症
【たのうほうせいらんせいしょうこうぐん(ピーシーオーエス)】
 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
【らんかんえん / らんそうえん】
 卵管炎/卵巣炎
【らんそうしゅよう】
 卵巣腫瘍
【らんそうがん】
 卵巣癌
【カンジダちつえん(ちつカンジダ)】
カンジダ膣炎(膣カンジダ)
【がいいんえん】
 外陰炎
【ひとくいせいちつえん】
 非特異性膣炎
 【バルトリンせんえん】
 バルトリン腺炎
 【せいきクラミジアかんせんしょう】
 性器クラミジア感染症
 【せんけいコンジローム】
 尖形コンジローム
 【トリコモナスちつえん】
 トリコモナス膣炎
 【せいきヘルペス】
 性器ヘルペス
【りんきんかんせんしょう】
 淋菌感染症
【ばいどく】
 梅毒
【エイチアイブイ(エイズ)】
 HIV(エイズ)
【こうじょうせんきのうていかしょう】
 甲状腺機能低下症
【こうじょうせんきのうこうしんしょう】
 甲状腺機能亢進症
【こうもんそうようしょう】
 肛門掻痒症
 【じ】
 
【ぼうこうえん】
 膀胱炎
【じんうじんえん】
 腎盂腎炎
【かしじょうみゃくりゅう】
 下肢静脈瘤
【じゃくねんせいこうねんきしょうがい】
 若年性更年期障害
【しんけいせいしょうがい】
 神経性障害
【いぞんしょう】
 依存症
【じりつしんけいしっちょうしょう】
 自律神経失調症
生活の刺激が心と身体に与える影響
 ストレスとは
身体に感じる異変や症状で病気を疑う一覧
だるい・疲れやすい症状で疑う病気の種類
立ちくらみや目眩の症状で疑う病気の種類
不正出血の症状で疑う病気の種類
おりものが気になった場合に疑う病気の種類

総合ブックマーク&RSS サイト内検索


Copyright (C)  お腸婦人の病気辞典  All Rights Reserved